「障害共済年金」タグの記事一覧

厚生年金と共済年金の一元化と障害年金の対応

平成27年10月から共済年金は厚生年金に統一されます。それに伴い今まで制度間の差異が一部解消されます。ここでは、障害年金受給に関する主な変更点を見てみましょう。



厚生年金保険料、共済年金保険料納付要件

障害年金の保険料の納付要件は「加入期間の3分の2以上納付」もしくは「初診日前1年間に未納がないこと」ですが、実は今まで共済年金の障害年金には納付要件がありませんでした(過去に官民格差と物議を醸したそうです)。

一元化によりこの部分は厚生年金に揃える事になります。つまり、共済年金の障害年金の受給にも、保険料納付要件を満たすことが必要になります。




在職による年金支給停止

障害年金は原則、お仕事をして収入があっても支給停止にはなりません。しかし、共済年金の障害年金受給はお仕事に就くと支給停止されてしまうルールがありました。
この部分に関しては民間よりも厳しい取り扱いになっていたのですが、こちらも一元化で厚生年金に揃えられます。

障害共済年金受給の在職支給停止制度は無くなり、在職していても年金は支給されることになります。




遺族年金の対応

障害年金ではありませんが、遺族年金受給にも変更点があります。まず、障害年金と同様に遺族共済年金にも保険料納付要件が適用されるようになります。
また、遺族共済年金には「転給」という制度がありまして(遺族厚生年金にはありません)、遺族年金を受給している方が失権する(お亡くなりになられる等)と、次の順位の方に引き継がれるというシステムになっていましたが、一元化により「転給」制度も無くなってしまいます。





障害年金申請を代行
お気軽にご相談ください

障害年金申請の流れ   社会保険労務士へのメール無料相談

社労士への電話相談   障害年金手続きのお申込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 障害年金の要件に該当するのかわからない。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



社会保険労務士の守秘義務

社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。社会保険労務士でなくなった後も、また同様とする。



障害年金手続きのお申し込み

社会保険労務士業務のお申込

書類作成、申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




障害年金申請のご相談

社会保険労務士へのご相談

書類作成、申請に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




障害年金申請の対応地域ご案内

対面しての障害年金申請手続き業務は札幌市、近郊などに対応。当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市

社会保険労務士業務の対応地域とお申し込み




このページの先頭へ