障害年金請求の種類

障害年金は初診日から1年6月後の障害認定日における障害の程度で受給できるかできないかが決まります。

そして無事支給される場合は、障害認定日の属する月の翌月分から支給開始されます。これが基本的な請求方法である障害認定日請求ですが、これを含めていくつかの請求の種類があり、状況によって請求方法が変わります。




1.障害認定日請求


上で説明した、障害認定日の時点で一定の障害の状態にある場合の請求方法です。障害認定日が遥か昔であったとしても、認定されると障害認定日の時点で受給権が発生します。つまり昔に遡って(法律用語で遡及といいます)年金が支払われます。
ただし、時効で消えてしまうため最大で5年分の遡り支給となります。



2.事後重症請求


初診日から1年6月を経過した障害認定日の時点では障害等級に該当せず、その後65歳の誕生日前々日までに障害が悪化し、障害等級に該当する状態に至った場合の請求方法です。上記の遡及はありません。
ちなみに、65歳の誕生日の前々日までに請求しなければ受給権を失います。



3.初めて2級に該当したことによる請求(基準傷病請求)


若干おかしな名前ですが簡単に説明しますと、請求時に複数の異なる障害を持ち、 それぞれの障害の程度を併せて初めて2級以上に該当した場合の請求方法です。



4.20歳前傷病による請求

初診日が20歳前にある傷病による障害の場合の請求方法で、保険料納付要件を満たしていなくても請求できます(国民年金加入義務のない20歳未満で障害をおわれたの方の救済の意味があります)。
ただし、請求できるのは20歳になってからとなっており、また、保険料納付要件を問わないという性質から所得が一定額を超えると支給制限されます。





障害年金申請を代行
お気軽にご相談ください

障害年金申請の流れ   社会保険労務士へのメール無料相談

社労士への電話相談   障害年金手続きのお申込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 障害年金の要件に該当するのかわからない。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



社会保険労務士の守秘義務

社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。社会保険労務士でなくなった後も、また同様とする。



障害年金手続きのお申し込み

社会保険労務士業務のお申込

書類作成、申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




障害年金申請のご相談

社会保険労務士へのご相談

書類作成、申請に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




障害年金申請の対応地域ご案内

対面しての障害年金申請手続き業務は札幌市、近郊などに対応。当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市

社会保険労務士業務の対応地域とお申し込み


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ