血液・造血器の障害年金






血液・造血器疾患による障害は、以下のように認定されております。






血液・造血器
1級A表Ⅰ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表Ⅰ欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表Ⅰ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表Ⅰ欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のオに該当するもの。
2級A表Ⅱ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表Ⅱ欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表Ⅱ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表Ⅱ欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの。
3級A表Ⅲ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表Ⅲ欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表Ⅲ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表Ⅲ欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの。



A表
1 治療により貧血改善はやや認められるが、なお高度の貧血、出血 傾向、易感染症を示すもの。
2 輸血をひんぱんに必要とするもの。
1 治療により貧血改善はやや認められるが、なお中度の貧血、出血傾向、易感染症を示すもの。
2 輸血を時々必要とするもの。
1 治療により貧血改善は少し認められるが、なお軽度の貧血、出血傾向、易感染症を示すもの。
2 輸血を必要に応じて行うもの。



B表
1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの。
(1) ヘモグロビン濃度が7.0g/dl未満のもの,(2) 赤血球数が200万/μl未満のもの。
2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの。
(1) 白血球数が1,000/μl未満のもの,(2) 顆粒球数が500/μl未満のもの。
3 末梢血液中の血小板数が2万/μl未満のもの。
4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの。
(1) 有核細胞が2万/μl未満のもの,(2) 巨核球数が15/μl未満のもの,(3) リンパ球が60%以上のもの,(4) 赤芽球が5%未満のもの,
1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの。
(1) ヘモグロビン濃度が7.0g/dl以上9.0g/dl未満のもの,(2) 赤血球数が200万/μl以上300万/μl未満のもの,
2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 白血球数が1,000/μl以上2,000/μl未満のもの,(2) 顆粒球数が500/μl以上1,000/μl未満のもの,
3 末梢血液中の血小板数が2万/μl以上5万/μl未満のもの。
4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの。
(1) 有核細胞が2万/μl以上5万/μl未満のもの,(2) 巨核球数が15/μl以上30/μl未満のもの,(3) リンパ球が40%以上60%未満のもの,(4) 赤芽球が5%以上10%未満のもの,
1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの。
(1) ヘモグロビン濃度が9.0g/dl以上10.0g/dl未満のもの,(2) 赤血球数が300万/μl以上350万/μl未満のもの,
2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの。
(1) 白血球数が2,000/μl以上4,000/μl未満のもの,(2) 顆粒球数が1,000/μl以上2,000/μl未満のもの,
3 末梢血液中の血小板数が5万/μl以上10万/μl未満のもの。
4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの。
(1) 有核細胞が5万/μl以上10万/μl未満のもの,(2) 巨核球数が30/μl以上50/μl未満のもの,(3) リンパ球が20%以上40%未満のもの,(4) 赤芽球が10%以上15%未満のもの,

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ