障害年金で使用する病院の診断書

障害年金の請求における最も重要な書類とは、言うまでもなくお医者様に書いて頂く診断書です。障害年金の診断書には様々な様式があります。

  • 「眼」様式第120号の1
  • 「聴覚・鼻腔・平衡・そしゃく・嚥下・言語」様式第120号の2
  • 「肢体」様式第120号の3
  • 「精神」様式第120号の4
  • 「呼吸器」様式第120号の5
  • 「循環器」様式第120号の6-(1)
  • 「腎・肝・糖尿病」様式第120号の6-(2)
  • 「血液・造血器・その他」様式第120号の7



障害年金申請では病院の診断書はとても重要です

障害年金申請では病院の診断書はとても重要です

上記の様式の中からそれぞれの傷病に適合する様式で病院の診断書を作成して頂く事になります。

診断書によって障害等級が決まると言いましても過言では無い訳ですから、障害年金の申請においてのその重要性は絶大なものがあります。どんなに重厚な病歴・就労状況等申立書を作成しても、診断書のウェイトの比ではありません。


しかしながら、お医者様も患者様の状態を把握していなければ正確な診断書を作成する事は難しくなります。特に精神疾患等の外目に判断しずらい傷病の場合には、患者様とお医者様のコミュニケーションが十分に取れているかどうかはとても重要であると感じます。




社会保険労務士が同行して取得した病院の診断書


精神疾患の患者様は他人とのコミュニケーションで消耗する方も多く、それ故診察の際に当たり障りのない対応をしてお薬だけ頂いて帰るという方もおられます。しかし、後に障害年金の申請手続きを始めた時に、ご自身の日常の病状がお医者様に十分に伝わっていなかったが為に現実よりも軽度な病状の診断書が出来上がってしまう、という事も十分にあり得ます。

その為、患者様(特に精神疾患の患者様)にとって常日頃からお医者様にご自身のこと細かな症状(特にお医者様の目には見えずらいご家庭や就労時における症状)についてお医者様にお話し、病状をよく理解していただいておく事が、後に図らずも障害年金の診断書を作成して頂くことになった場合にご自身の為になるかもしれません。

とは言え、精神疾患の患者様にとっては、人と会話をすることが困難な程調子の悪い時というのもよくあるものです。その様な場合には無理をなさらず、通院前に前回の受診から今回の受診までの間の細かな病状についてメモを取って置き、それをお医者様にお渡しする等の方法でご自身の状態を普段からお医者様に理解しておいて頂くと良いと思います。


お医者様と患者様のご関係は年金の受給に関係なく傷病との闘いのパートナーとして続いて行きますので、私達社労士も障害年金申請代理業務の遂行において、患者様とお医者様の関係にマイナスの影響を与える事の無いよう十分に心を砕いて業務に取り組んでいかねばならないと常々思う次第です。




障害年金申請を代行
お気軽にご相談ください

障害年金申請の流れ   社会保険労務士へのメール無料相談

社労士への電話相談   障害年金手続きのお申込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 障害年金の要件に該当するのかわからない。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



社会保険労務士の守秘義務

社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。社会保険労務士でなくなった後も、また同様とする。



障害年金手続きのお申し込み

社会保険労務士業務のお申込

書類作成、申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




障害年金申請のご相談

社会保険労務士へのご相談

書類作成、申請に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




障害年金申請の対応地域ご案内

対面しての障害年金申請手続き業務は札幌市、近郊などに対応。当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市

社会保険労務士業務の対応地域とお申し込み

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ