ご自身で障害年金申請を行うデメリット

障害年金の請求には労力を必要とします。ご自身で行う場合、手続きの仕方を調べたり年金事務所に問い合わせをしたり、請求方法の確定や数ある必要書類の作成(病歴が長い場合、ポイントを押さえた申立書を作成するにはかなりの時間を必要とします)、お医者様への診断書の作成依頼などなど、窓口(詳しく知らないと何度も足を運ぶことになります)や病院、場合によっては初診日の証明の為に過去受診していた病院へ出向いたり、健康保険組合をあたったり・・・。途中で頓挫してしまわれる方も数多くおられます。

苦労して請求されたものの、書類の内容によっては不支給・・・などということも起こります。

また、精神疾患の方などは主治医のお医者様とのコミュニケーションを上手にとる事が難しい場合も多く、お医者様が日常の大変さや不自由などを把握できておられない事もあります。

障害を抱えておられる方やご家族が、手続きに奔走する事だけでも大変ですが、上記の様な理由で診断書が実態を反映しているとは言いがたいものになり、その結果不支給という事も残念ながら現実としてあります。



一度、障害年金の不支給決定するとひっくり返すのが難しいこと

障害年金の請求をして不支給になったとしましょう。その後再度請求したり不服申し立てをする場合、前回の記録も審査の参考とされる事になります。ということは、同じ内容で請求をしたとしても前回の結果を覆す事は難しいということになります。

そうなりますと不支給決定を覆す為には新たな資料の添付や診断書の修正などを行ってから再度請求する事が必要といえますが、お医者様は医学のプロでありご自身の診断に責任を持っていらっしゃいます。当然納得できる理由なく、安易に診断書の修正を行う訳にもいかないのが道理です。

このような理由から一度目の請求に失敗すると、大きな不利が生じてしまうと言えるでしょう。診断書作成の際はもちろん、日頃から、お医者様にはご自身の正確な症状や、日常や就労における支障などをよくお伝えし、よく理解していただいておく事がとても重要なのです。







障害年金申請を代行
お気軽にご相談ください

障害年金申請の流れ   社会保険労務士へのメール無料相談

社労士への電話相談   障害年金手続きのお申込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 障害年金の要件に該当するのかわからない。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



社会保険労務士の守秘義務

社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。社会保険労務士でなくなった後も、また同様とする。



障害年金手続きのお申し込み

社会保険労務士業務のお申込

書類作成、申請の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




障害年金申請のご相談

社会保険労務士へのご相談

書類作成、申請に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




障害年金申請の対応地域ご案内

対面しての障害年金申請手続き業務は札幌市、近郊などに対応。当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。

北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市

社会保険労務士業務の対応地域とお申し込み

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ